スイカの育て方 摘芯や収穫の目安、プランターで栽培方法の図解

夏と言えばスイカですよね。

家庭菜園では難しいと思われているスイカの育て方をプランターでも栽培できる方法。

おすすめ品種、植える時期、土作り、摘芯、人工受粉方法、おすすめ支柱等々を基本的な事を分かりやすく図解などで解説します。

 

すいかの育て方 種まきと接ぎ木の苗

 

訪問者
まず種から育てるか苗を購入して育てるかどちらが良いですか?
植える時期はいつですか?

私のおすすめは苗からです。

 

私の経験からはずばり接ぎ木の苗からがおすすめです。 

ねぜ接ぎ木苗からが良いのか

1⃣ 種から育てるのも良いのですが芽が出てはナメクジなどの害虫に芽を食べられてしまった経験があります・・・

ある程度大きくなると害虫被害が減ります。

2⃣ 連作障害があるので毎年同じ場所に植える事が出来ない。

 

接ぎ木苗は連作障害も関係なく育てれます。

スイカはウリ科で同系列にはきゅうり、カボチャ、ズッキーニ、メロン、トウガン、ニガウリ(ゴーヤなど人気に野菜が多くありますので注意が必要です。

接ぎ木とは

スイカ例えると根本から上がスイカで根元から下(根っ子)が別の植物です。

理由は病気に強く連作もでき生育がすごく良いです。

 

接ぎ木は初心者にとって高度な技術なので買った方が安上がりで失敗はないのでお勧めしません。

 

連作障害とは

同一作物(同じ科の野菜)を同じ場所で育てると生育不良となり、収量が落ちてしまう障害のことです。

なぜ、このようになるのか言うと同じ作物をつくり続けると、土壌の成分バランスが植えた植物を好む菌や害虫が土壌に多くいるそうですね。

 

スイカは夏によく食べる果物なので種は気軽にゲットできるので他のウリ科の植物を植える予定がなく連作でなければ種からが良いかもしれません。 

 

育てやすいおすすめの品種は 小玉スイカ

大玉スイカを育てたいところですがスペースが限りのある家庭菜園では小玉スイカがおすすめです。

 

植える時期はいつごろか

これはだいたいの目安なのであまり気にしないで植えればよいかと思います。

・種まきから育てるには4月から5月頃

・苗からは育てるには5月から6月頃

収穫時期は7月から8月頃が一般的にな時期になります。

 

スポンサーリンク



スイカの栽培ポイント

スイカを植える場所には苦土石灰を2週間以上前もって撒き1週間前には堆肥や化成肥料を撒いて混ぜておきましょう。  

1平方メートルあたり100g程度が目安らしいですけど私はいつも適当に施しています(^^♪

肥料は2週間に1度追肥を施します。  

苦土石灰を前もって撒く理由
肥料と科学反応を起こすのを避ける為らしいです。

プランターならそのまま使える野菜の培養土だけでも問題ありません。

 

プランター栽培の重要な注意点は

水切れには注意する事が大切です。 

プランターは保水力があまりない為に夏は朝、夕と2回の水やりが必須になります。

整枝や摘心の目安  

1⃣ 本葉が5~7枚程度で親つるのの先を摘芯します。

2⃣ 双葉から本葉1~2枚目の子ツルはすべて摘芯します。

3⃣ 本葉が2枚から6枚程度で子ツルを3本から4本を伸ばします。

黄色くなった葉や弱った葉は早めに刈り取りましょう。

通気性を良くし病原菌、害虫などの繁殖を防ぎます。

おすすめ支柱

スイカは地面に這わせて育てるのが良いかも知れませんが空中栽培はスペースも大きく不要なので支柱栽培がおすすめです。

だからプランターでも可能なんですよ。

この支柱はプランター栽培ではありませんが万能で色んな野菜に使えます

【ポイント5倍】【第一ビニール】棚支柱セット TS−1.8

人工授粉と実の摘果  

スイカは人工的に受粉させなければなりません。 
方法はすごく簡単で雌花に雄花の花粉を擦り付ける作業なので特に難しい事ではありません。
授粉
こんな感じにすりすり入念に擦り付ける感じでOKです。
実はいくつ付けるのが適正なのか
スイカの実は子ツル1本に付き1個までにした方が良いです。
理由は実が大きくなりにくい、甘みが出ないなど失敗作になる可能性が高い為です。
ですから子ツルに2個実ができたら悲しいです摘果します・・・

収穫のタイミング目安は

スイカは見た目では収穫時期が分かりにくいと思っていませんか?

簡単に見分けがつく方法がありますので図で説明します。

 

どうですか? 簡単ですよね (^^♪

西瓜栽培のまとめ

小玉スイカでも他の野菜に比べると大きいので収穫が出来た時の満足感は半端ないですよ。

食べるのがもったいないと思ってしまうます・・・ (^_^;)

 

スイカの栽培にチャレンジされてはどうでしょうか?

 

スポンサーリンク



おすすめの記事
スポンサーリンク