トウモロコシの育て方 未熟で実が小さい失敗しない摘果や栽培方法

トウモロコシの栽培を失敗しないよう簡単に分かりやすく栽培方法を解説します。

畑では土壌改良もできる食べても美味しい優れた植物でぜひ毎年植えても良いです。

とうもろこしを育てる土作りと準備   

植える時期は4月~6月くらいで日がよく当たる場所が良いでしょう。

1⃣ 畑の場合

直に植えの場合は植える2週間前に石灰を1平方メートルあたり100g程度と1週間前に堆肥2000gと科学肥料150g程度をまく。   私はいつも適当に施しています(^^♪

2⃣ プランターの場合

野菜の培養土がホームセンターに売っていますので培養土のみで大丈夫です。

できるだけ大きく深さがあるものが良いと思います。

3⃣ 支柱は必要?

成長するにつれて風で倒れやすくなりますので支柱100cm位の物を用意すると良い。

私のおすすめする支柱は鳥のに食べられる被害が少なくなり倒れにくいです。

キュウリやトマトなんでもOKの万能タイプです。

【ポイント5倍】【第一ビニール】棚支柱セット TS−1.8

4⃣ 連作障害あるの?

トウモロコシは連作障害がないと言っても良い位ですので気にせず毎年植えてください(^^♪ 

土壌改良の為に場所を変える事をおすすめしています。 

連作障害とは  (トウモロコシは問題ありませんが知識として解説)

同一作物(同じ科の野菜)を同じ場所で育てると土壌の成分バランスが植えた植物を好む菌や害虫が土壌に多くなり生育不良になったり、収量が落ちてしまう障害のことです。

トウモロコシで土壌改良とは

肥料を取り込む力が大変強く、イメージ的には多めの肥料でも吸い尽くしたり前作の植物の余った肥料の掃除役って感じです。

例えば秋に連作障害があるジャガイモを毎年育てたい方は夏にトウモロコシを植え土壌改良し毎年ジャガイモを植える方もいらっしゃいます。

おすすめ種の選び方は 

私のおすすめはゴールドラッシュです。

すごく甘味を感じれるゴールドラッシュはと言う品種がおすすめです。 甘さはもちろん、実もしっかり付いてくれ育てやすいとメリットがあります。

家庭菜園ならやっぱり実がいっぱいつけて欲しいと思います。

栽培するのに相性のよい枝豆

トウモロコシと枝豆を一緒に栽培すると害虫が寄りにくくなり害虫被害が軽減できます。

1⃣ 枝豆の根に共生する微生物の働きが、土を豊かにする為、トウモロコシが育ちやすくなります。
2⃣ トウモロコシを好む害虫アワノメイガ、枝豆を好む害虫のカメムシをお互いに遠ざける効果があるみたいです。

トウモロコシより先に枝豆を発芽させておいた方が良いみたいです。

スポンサーリンク



芽が出てきたら

必ずする事

① 水やり

水切れは成長にかなりのダメージがあり成長に悪影響なので毎日あげます。

プランターの場合は保水が弱いので朝と夕で2回の水やりが良いです。

② 土寄せ

実が付くと重みで倒れる可能性がある為、収穫までに2回くらいは根元に土を寄せてあげてください。

③ 追肥

葉が5~6枚程度の時と花が咲きだした頃くらいに追肥を行う。

④ マルチング

丸い穴の開いた黒いビニールで私はゴミ袋を切って適当に敷いています。 

害虫除けや雑草が生えてこないメリットがあります。

⑤ 苗の間隔は

30cmくらい空ければよいと思います。

肥料のおすすめはIB肥料です。 長く少しずつ溶け出すので追肥の手間が省けます。

図解 根元のわき芽の刈り取り不要 雌穂(実)の摘果

トウモロコシの図

トウモロコシの図

 

1⃣ 昔は根元のわき芽を刈り取る人もいましたが光合成を盛んになるのと倒れるのを予防する働きがあり放置しておきましょう。

2⃣ 実は2~3本程度できますので最上部で一番立派な実を1本だけ残して後はヤングコーンとして食べましょう。 

収穫するのがもったいないと思ってしましますが複数の実を残すと実がスカスカの状態になり悲しい思いします。

 

人工授粉はするの?

人工授粉は畑で密集しているなら不要ですが家庭菜園では絶対した方が良いですね。

 

雄穂(花)の花粉が落ちる頃に花穂を切って髭に花粉を付ければOKなので簡単な作業です。 
雄穂(花)は人口受粉が終われば切り取った方が良いです。
害虫が花に寄ってくるのを避ける為になります。
受粉したかどうか心配でしたら数日に分けて受粉をすればよいと思いますよ。
私は3日に分けて行っています(^^♪

収穫時期タイミングは

 

 

写真のようにヒゲが茶色になれば収穫の合図です。

収穫の注意点
1⃣ 収穫は少し皮をめくって実を確認してからでも大丈夫です。・
2⃣ 収穫は朝一が良いのと収穫後はすぐに糖度が落ちるらしくすぐ食べてはどうでしょう(^^♪
3⃣ すぐに食べれない時は冷凍保存が良いですね。

干してポップコーンに

2週間ほど干せばポップコーンの元にできますので試してはどうでしょうか?

ポンポン弾けて出来立てはこれまた美味しいですよ。

まとめ

夏に立派に実るトウモロコシは土壌改良ができ甘くて美味しいので春には家庭菜園で絶対育てたい植物です。
朝一のもぎたては湯がくだけでも素晴らしく美味しいので是非育ててみてはどうでしょうか。
スポンサーリンク




おすすめの記事
スポンサーリンク