飛び込み営業のコツ 新規開拓する為の心得と訪問の第一声は

飛び込み営業の初回訪問はかなり重要なポイントになります。

第一印象であなたの評価が決まってしまう事もあります。

そこで少しでも飛び込み営業で役に立てれる事を訪問する前~訪問して話の勧め方を伝授します。

スポンサーリンク






訪問先の周りを見渡せばヒントがある 

飛び込み営業は玄関に付いて扉を開ける前に少しだけ考える時間、見渡す時間を作りましょう。

前もって情報を軽くチェックしておくと訪問先が売込む商材に一番適しているか把握できる事もあります。

情報はあればあるだけ有益に話を勧めれる可能性があります。 

ネットなどで情報収集

私の時代ではネット環境はほぼありませんでした・・・(;^ω^)

訪問先のホームページや口コミチェックで情報収集です。

チェック項目
①訪問先の各拠点     飛び込み先がダメなら他の営業拠点へ飛び込みに行ってみる。
②主な商材、取り扱い   売り込む商材で勝てる得意商材を持っていく。
③グループ企業      ここがダメなら同じグループ企業に行ってみる。

しかし飛び込み営業では調べる時間などかけるのは良くないです。

話すら聞いても会えず終わる事もあるので要点だけの確認する。

2分程度で見れるのではないでしょうか? 頭に入れておく程度で良いです。

訪問先周辺で情報収集

訪問先に近づけば近づくほど色々と情報は見えてきます。

チェック項目
①玄関や窓の中  窓から見える人物、人の動き、置いてる物など
②ゴミ捨て場   捨てている段ボール箱、ゴミの内容を確認
③倉庫内や店舗内 見える人物、人の動き、倉庫に置いてる物など

前もって見る事により売り込める商材が発見できるかも知れません。

それに対して得意な商材を売り込む事が出来る。

注意!ゴミ箱は気を付けてくださいね。

素通りでよいですよ。 じろじろ見ていたら変質者扱いされ

通報されたらえらいこっちゃです。(;^ω^) 

訪問前には目を光らせ何かヒントが無いか必死で見ましょう。  

 

運営者
私は視力が0.7ですが眼鏡をかけています。
その理由はこの見渡す力を補うためなんです・・・

35歳過ぎてから若さの武器があまり通じなくなり営業力低下を防ぐのに仕方ない(-_-メ)

初回訪問 一から話し方の順序 

さあ!ここから本番です 緊張するときですね(^_^;)

玄関から堂々とした態度で入っていきましょう!

こんにちは!  (自然な笑顔で大きな声で)

名刺を持って社名と名前を元気よく! (自然な笑顔で大きな声で)

あいさつと自己紹介はうるさいくらいが良いです。

一言で商品案内 (10秒前後でよい) 玄関で担当でもないのに時間を取らせない

そしてなぜ訪問したか理由を伝えます。

堂々と 「飛び込みに来ました!(笑 ニコッ)」って言いますね。

訪問時に多い意見は
訪問時に何か褒めた方が良いと言う意見が多いように見えます。
例えば、庭先の植木が綺麗で気になってとか飛び込みではなく
たまたま通りかかったような話しを持ってき方しかし私は違います…
堂々と飛び込みって言いますね(^^♪
なぜかと言うと
飛び込みで来ました!(笑 ニコッ)
とすると相手も笑ってくれる事が多いです。
商材の担当者を紹介してもらえば
もう一度 先ほどのループの話し方でよいです。
そして話を聞いてもらえるなら商材の案内をしっかり行いましょう。
もし担当が居なければ名刺を渡しておきましょう。
また後日に訪問って事ですね。
ここからは別記事にも書いているのでリンクを貼っておきます。

まとめ

情報は五感をフルに使って集めてみる事が新規獲得の確率を上げるコツだと思います。

そして堂々と自信を持って訪問し自然な笑顔で話せば第一印象も良いはずです。

スポンサーリンク

おすすめの記事
スポンサーリンク