飛び込み営業のコツ 仕事ができる人とできない人の特徴ってどう

飛び込み営業はできない苦手だと思う人はかなり多いのではないでしょうか?

新規獲得の確率は低いしメンタルが強くないと出来る人にはなれないです。

 

しかし企業の社員評価としては新規獲得が一番高いと思います。

新規獲得とは売上が0から大きく売上を伸ばす可能性があり企業にとってシェアの拡張はとても大切な事です。

できない、苦手と思っていたら損をし絶対新規は行くべきだと思っています。😝

まずは、できる人とできない人の違いを考え方を比べて見ましょう。

仕事ができる人とできない苦手な人と比べてみる

苦手な人は不安材料などが多いからでは無いでしょうか?

1、全く見知らぬ企業に訪問する勇気がない。

2、セールスお断りって貼ってあるので怖い。

3、営業トークがうまく喋れない。

4、相手の事を考え過ぎて迷惑がられていると思ってしまう。

5、どうせ新規なんて滅多に取れない 確率と効率が悪すぎ。

これが多くの要因だと私は考えました。

仕事にやる気がないってのは根本的にダメなので度外視します。

得意な営業マンってどう思い行動しているのか考えてみます。

1全く見知らぬ企業に訪問する勇気がない。

新規訪問は確かにどんな人が出てくるかも分からないので怖いですし緊張もします。

これでは解決になりませんが、まず回数を繰り返えし慣れてくるのが大事ですね。

 

私の訪問するときは頭の中は

運営者
どんな奴が担当かな?自分にとって良い学びや人生の師匠になれる人なら良いな

 と思いながら楽しんでます。

実際には「こいつ最悪な奴やないか」 「この会社は細かすぎてうざい」って事はしばしばですが我慢しかないです。  これが普通です。 

たまにマジで人生の師匠になれる方との出会いもあるのでポジティブに考えて飛び込んでいきましょう。

2セールスお断りって貼ってあるので怖い。

個人の家ではよく見かけますねセールスお断り企業でもたまに貼ってありますよね~😔

飛び込み営業したら怒られたりするから怖いって思ったりしますよね。

 

セールスお断りを貼ってる所は特に意味は無いです。

ただ貰ったから貼ってるとか昔から貼ってるから置いたままとか特に意味がないと思われます。

 

飛び込み営業で訪問した時に 「 二度と来るな ❢  ボケ ❢ 」 と怒られる事があえいましたが気にしないで欲しい

どうせ得意先でもなんでもない クレームが入っても痛くも痒くもない。

反対に職場ではこんな事があったと良い経験談として残るでしょう

私は若い頃は怒られても ニコって笑って訪問してました。

また来たのか・・・😔

と相手が苦笑いしたらラッキーです。

しかしこの年(45歳)になると怒られると二度と訪問しません。

来るなって言われたら行かないです・・・若さのガッツが無くなったのかな😔

3営業トークがうまく喋れない

緊張してもうまく営業トークができないて事はよくあると思います。

これも慣れですが緊張感は絶対必要です

商材をPRしてる時に一生懸命に喋っている事がアピールなんです。

年齢が若いなら尚更に頑張れって応援される事もある。

運営者
よく商材を提案してテンパる事は私もしばしばあります。
相手が怖そうな人だったり特に新しい商材は提案の仕方も定まっていないので(^_^;)

4相手の事を考え過ぎて迷惑だと思う。

飛び込み先は相手にとってはかなり迷惑かもしれません。

特に初めて訪問された時は相手の警戒感がめっちゃ伝わってきます。 (;^ω^)

迷惑か迷惑でないかは特に考える必要がありません。

 

有益な商材であれば相手にとってありがたい話有益でなくても気にしないくて良いです。

運営者

飛び込み営業は自分が主人公です。相手の事なんてどうでも良いです。

どんどん他の商材提案しましょ(;^ω^)

5どうせ新規なんて滅多に取れない 確率と効率悪すぎ。

この考えの人もけっこう居るのではないでしょうか。

新規は断られる方が断然多いそれには間違いありません。

 

確率は悪いですが売上と自己評価を上げる効率はどうでしょうか?

新規は企業にとって大きな価値があります。

売上より新規獲得は大きく評価する企業も多いでしょう。

自分の評価が大きく給料増や出世にも大きく影響しますよ。

飛び込み営業のまとめ

飛び込み営業は獲得した時の喜びは自分にとっても大きいです。

陰でガッツポーズがでますからね(^_^;) 

新たな人との出会いあると言う事は新たな学びのチャンスだと思います。 

関連記事

スポンサーリンク





おすすめの記事
スポンサーリンク