ジャガイモの実

じゃがいもを初めて収穫しました。

料理用のじゃがいもから芽が出ていたので1株だけ埋めてみました。

予想外に立派にいっぱいできました。

ところでじゃがいもって実ができるって知ってました?

初めて見てビックリしました。

収穫

これ一株だけの収穫量ですよ。 (^^♪

じゃがいもの育て方 私の育て方を比較してみた

今回は初めて育てたのですが普通の育て方と私の育て方の比較

1種芋選び

食用のじゃがいもを種芋にすると育ちが

育悪かったりウイルス病の可能性があるらしいです。

私は食用でたまたま芽が出てしまったので・・・

2植え付け準備

植え付けは1ヶ月前くらいに日光を当てて

丈夫な若芽を伸ばすらしいです。

私はそのまま土の中に・・・ 

じゃがいもは1/2か1/3にカットして

2日~3日乾燥させるらしいです。

カットせず土の中に突っ込んでみた感じ・・

3植え付け

寒い時期に植えると芽が出るのに

1ヶ月くらいかかるらしく

心配になって掘り起こしは厳禁

放置してました と言うか放ったらかしてました。

4芽が出てきたら

3~6本くらい出てくるらしく丈夫そうな芽を2本残して摘心

放ったらかしてました・・ 

5土寄せ

摘心したあと5cmくらい土を盛る

つぼみが出来てきたら2回目の土寄せ

これはじゃがいもの生育スペース確保

日光がイモに当たらないようにらしい

放ったらかし・・・ 

これでダメなイモがありました 後で説明します。

6収穫時期

花が咲き終わると葉が黄色くなるのが合図

花も咲かず倒れていて無残な姿です・・・

収穫期

写真撮るの忘れていたので2週間前の写真です。

育て方 大きなミス

私が思った大きなミスは

土寄せを怠った。

摘心を怠った。 

この2つだと思います。が放置している時点で終わってますね

収穫したイモはやばい毒がありそうな物ばかり

1株なのにいっぱい収穫はできました。

収穫2

食べれそうなのは2個だけです。 

理由は日光に当たって緑に変色しています。

土寄せは必ずしないといけないですね。

あと大半が未熟なイモばかりです。

未熟なイモは食中毒を起こす可能性があるらしい

未熟なイモ

未熟なイモと変色したイモ

天然毒素のソラニンとアルカロイドが含まれているらしい

口にすると吐き気・下痢・おう吐・腹痛・頭痛・めまいなど食中毒を起こすらしいです。

もったいない・・・ (´;ω;`)ウゥゥ

ダメなイモは懲りずに次の種芋にします。 

↑ ダメと思いながらも・・でもやります!

じゃがいもに実ができる 初耳です! 

 

実2実

こんなん見た事あります?

見た時は困惑しましたよ・・・

しかも毒々しい色ですよね

ドラゴンフルーツに似てる・・・

調べたら品種によっては実が付くらしいですよ。

食べたらアルカロイドが豊富に含まれてるそうです。

それ毒ですよ

熟せば食べれるらしいですが素人なので

どの状況で食べれるか見てもさっぱり分かりません。

まとめ

今回は初めて育てた事もあり世話もせず放ったらかしでした。

それでもいっぱいイモが出来て次回の自信に繋がったような気がします。

実がなるのは初めて知ったので凄く勉強になりました。

次はちゃんと大半が食べれるイモを栽培したいと思います。

スポンサーリンク





おすすめの記事
スポンサーリンク