メロンの育て方 摘芯や収穫の目安、プランターで栽培方法の図解

夏の果物の王様はメロンだと思っているのは私だけでしょうか・・

家庭菜園では難しいと思われているメロンの育て方をプランターでも栽培できる方法。

おすすめ品種、植える時期、土作り、摘芯、人工受粉方法、おすすめ支柱等々を基本的な事を分かりやすく図解などで解説します。

メロンの育て方 種まきと接ぎ木の苗

・ 種から育てるのか、苗を購入して育てるか、迷うところです。
・ あと植える時期はいつなのか。
・ 育てやすくお勧めの品種は何なのか。
まず軽く説明します。

私のおすすめは苗を購入です。

 

私の経験からはずばり接ぎ木の苗からがおすすめです。 

ねぜ接ぎ木苗からが良いのか

1⃣ 種から育てるのも良いのですが芽が出てはナメクジなどの害虫に芽を食べられてしまった経験があります・・・

ある程度大きくなると害虫被害が減ります。

 

2⃣ 連作障害があるので毎年同じ場所に植える事が出来ない。

接ぎ木苗は連作障害も関係なく育てれます。

スイカはウリ科で同系列にはキュウリ、カボチャ、ズッキーニ、スイカ、トウガン、ゴーヤなど人気に野菜が多くありますので連作には注意が必要です。

接ぎ木とは

メロン例えると根本から上がメロンで根元から下(根っ子)が別の植物です。

理由は病気に強く連作もでき生育がすごく良いです。

接ぎ木は初心者にとって高度な技術なので失敗しやすく買った方が安上がりです。

 

連作障害とは

同一作物(同じ科の野菜)を同じ場所で育てると生育不良となり、収量が落ちてしまう障害のことです。

なぜ、このようになるのか言うと同じ作物をつくり続けると、土壌の成分バランスが植えた植物を好む菌や害虫が土壌に多くなり植えた植物に悪い影響が及ぼす害となる事です。

 

ウリ科の植物を育てて2年以上経っている事や他にウリ科を育てる予定がない方は種からでも全く問題ありませんのでチャレンジしてみてください。 注意するべきことは害虫に若葉を食べられないように気を付けてください。

本葉が5枚程度になる頃に育てばナメクジなどに食べられる心配は少ないと思います。

育てやすいおすすめの品種は ミニメロン

家庭菜園では小玉から中玉が育てやすくお勧めです。

ほんとは大玉を育てたいのですがまずは失敗しないでたくさん収穫できる方がテンションも上がる所が良いと思います。

 

ミニメロンの特徴

これは放任状態でも育てやすく実が出来やすくプランターでも容易に育ち数が多く収穫できるのでおすすめです。

 

大玉メロンは1株に3個前後に比べミニメロンは品種によりますが1株に10個くらい収穫できると思います。

 

植える時期はいつごろか

これはだいたいの目安なのであまり気にしないで植えればよいかと思います。

・種まきから育てるには4月から5月頃

・苗からは育てるには5月から6月頃

収穫時期は7月から8月頃が一般的にな時期になります。

スポンサーリンク



メロン栽培ポイント 準備段階

 

 

メロンを植える場所には苦土石灰を2週間以上前もって撒き1週間前には堆肥や化成肥料を撒いて混ぜておきましょう。  

1平方メートルあたり100g程度が目安らしいですけど私はいつも適当に施しています(^^♪

肥料は2週間に1度追肥を施します。  

苦土石灰を前もって時間差で撒く理由は
肥料と科学反応を起こすのを避ける為らしいです。

 

プランターならそのまま使える野菜の培養土だけでも問題ありません。

 

プランター栽培の重要な注意点は

水切れには注意する事が大切です。 

プランターは保水力があまりない為に夏は朝、夕と2回の水やりが必須になります。

整枝や芽かき摘心の目安 

大玉メロンとミニメロンでは摘心方法が違いますので図解を参考にしてください。

大玉メロンの場合 

メロンの摘芯

 

1⃣ 本葉が5~7枚程度で親つるのの先を摘芯します。

2⃣ 双葉から本葉1~2枚目の子ツルはすべて摘芯します。

3⃣ 本葉が2枚から6枚程度で子ツルを3本から4本を伸ばします。

 

弱った葉や黄色くなった葉は

黄色くなった葉や弱った葉は早めに刈り取りましょう。

通気性を良くし病原菌、害虫などの繁殖を防ぎます。

 

ミニメロンの場合 

一回目の摘芯方法は同じです。

ミニメロンは小づるから孫づるを育てます。  

1⃣ 小づるの葉が10枚程度になれば先を摘芯します。

孫づるを育て着果は孫ツルにさせる事がコツになりますのでもし小づるに着果した場合は残念ですが摘果します。

 

おすすめ支柱

メロンは地面に這わせて育てるのが基本で良いかも知れませんが空中栽培は省スペースでの支柱栽培がおすすめです。

この支柱はプランター栽培ではありませんが万能で色んな野菜に使えます。

【ポイント5倍】【第一ビニール】棚支柱セット TS−1.8

人工授粉と実の摘果  

メロンはは人工的に受粉させると着果の確率がグンと上がります。 
方法はすごく簡単で雌花に雄花の花粉を擦り付ける作業なので特に難しい事ではありません。
授粉
こんな感じにスリスリと入念に擦り付ける感じでOKです。
実はいくつ付けるのが適正なのか
大玉メロンは子ツル1本に付き1個までにした方が良いです。
理由は実が大きくなりにくい、甘みが出ないなど失敗作になる可能性が高い為です。
ミニメロンの場合は孫ツルに1個ですからそこそこの量は収穫が可能ですが育ちの悪い物は摘果します・・

収穫のタイミング目安は

メロンは見た目では収穫時期が分かりにくいと思っていませんか?

簡単に見分けがつく方法がありますので図で説明します。

メロンの一番に近い葉だけが枯れます。 

これが収穫の目安です。

どうですか? 簡単ですよね (^^♪

 

メロン栽培のまとめ

メロンが収穫できると友達にも自慢したくなるくらいの満足感は半端ないです。

収穫してから熟すまで1週間程度は必要と言われていますのでもう少しの我慢が必要ですが頑張ってください。・・・ (^_^;)

 

メロンの栽培にチャレンジされてはどうでしょうか?

 

 

スポンサーリンク



おすすめの記事
スポンサーリンク