サージカルマスクの価格下落!それは粗悪品だけの理由と今後は 

スポンサーリンク



サージカルマスクの価格下落してる?

最近のニュースではサージカルマスクの下落の話題になっていますが本当に下がっているかマスク業界情報を伝えます。

確かにちまたに売られているマスクや通信販売のマスクは値下がりしてきています。

5月に入り大量に中国から輸入が本格化している為に需要過多と言う理由ではありません。

 

現にマスクメーカーや医療業界では未だにマスクの供給がほとんど止まったままです。

1⃣ 理由は10倍以上の価格上昇で輸入できない10倍以上の販売をすると企業の信用が落ちる。

2⃣ 価格の折り合いがついて中国から輸入を決めても入荷が遅れている。

 

路上で売られているマスクは医療用として使われてるサージカルマスクとは言えないただの使い捨てマスクだと思われます。

サージカルマスクの基準を満たせていないとウイルスや菌がマスクを通過してしまいマスクの意味がない事になります。

全部ではないと信じたいですが値下がりしているマスクは粗悪なマスクばかりだと思います。 

 

お客からすれば粗悪だと分かっているから一般人も買わない、売る側は粗悪だと分かっているから早くすべて売り抜けたいので値下げする。

これが価格の下落の原因です。

サージカルマスクとは
BFE95%以上 (バクテリア濾過効率) PFE95%以上 (粒子の捕集効率)と言う基準が満たされていればサージカルマスクと言えるようになります。  

粗悪なマスクが出回る理由

もともと中国製品は粗悪な商品が多いのは確かです。
輸入に頼っている国内のマスクメーカーや医療材料問屋は
中国から輸入しているマスク場合は日本人が工場視察、製品規格など念密に打ち合わせした事によって製品化したマスクです。
試験データや製品データなどしっかりした事により医療現場でも信用されて使用されていると言う訳です。
飲食店、路上販売、通信販売は
国内のマスクメーカーや医療材料問屋に比べちまたで売られているマスクはどうでしょうか?
ほとんどの叩き売りされているマスクは試験データはないはずです。
その理由は中国系ブローカーがマスクを手当たり次第に医療業界じゃない企業や個人事業者に売りまくっています。
買う側の企業や個人事業者はマスクの知識がないのに輸入する事が粗悪なマスクが出回る理由です。
ほとんどが知り合いの知り合いの中国系ブローカーからが主なような気がします。

粗悪なマスクの見分けかたはあるの? 

 

正直、触って確かめる事が出来ればある程度の区別はつきますが見た目だけでは区別がつきません。
売られているパッケージで粗悪なマスクかの見分けは付きます。(100%ではありません)
粗悪なマスク見分け方
1⃣ パッケージにサージカルマスクと書いてある。
2⃣ BFE95%~99%以上 PFE95%以上 と記載されている。
3⃣ PM2.5の記載はあんまり信用しない方が良い。
4⃣ マスク工業会のマークが記載されている
マスク工業会のマークがあれば信用できるかもしれません。

スポンサーリンク



今後のマスクはさらに値下がり? ではないかも知れません 

中国製のマスクが世界的に粗悪だからと言って中国へ返品されるニュースが何度かありました。

中国政府はそこで品質強化確保に乗り出し輸出強化を5月から実施しています。

それに伴い、原材料の高騰、検品作業増、などでマスクのさらなる値上げになる可能性もあります。

 

早く国産マスク流通しないかな・・・ (-_-メ)

国産マスクは色んな企業が参入すると聞いていますが国内マスクを補えるのは2年以上はかかりそうですね。

 

注意

医療業界は今後マスクだけではなく感染対策商品の価格がびっくりするくらいの高騰になるでしょう。

中国輸入依存になったいたつけが回ってきたように感じます。

スポンサーリンク




おすすめの記事
スポンサーリンク