働き方改革!営業の残業削減する時短テクニック、必須アイテム

働き方改革で営業はサービス残業当たり前と言うのは昔の話になるかも知れません。

しかし実際はサービス残業が少なくなったとは思いますが無くなっていないのが現状です。

なぜ営業はサービス残業があるのか、なぜ減らせれないのか考えて見ました。

そこでどうすれば時短が出来るか考え時短テクニックや時短アイテムが必要になってきました。

スポンサーリンク







働き方改革で営業は悪循環に陥った。 

営業の1日のルーティーンは

定時が9時-18時だったとすると日中は外出している為、夕方帰社後から

会議、打ち合わせ、資料作成、報告書、商材の勉強会、見積書、日報

数えきれない仕事が山積で残業するのが普通でした。

私の会社でも22時過ぎても普通って思える慢性状態でしたよ。

今じゃザ・ブラック企業

働き方改革で悪循環になった理由

働き方改革によりサービス残業を減らさなければなりません。

如何に無駄を省き、早く退社できるかが大きな問題となり私の会社では外回りの営業時間を削った結果です。

1外回り営業時間の短縮

ルート営業以外の飛び込み営業が行けなくなった。

得意先への訪問回数が減らし時短早期帰社をすると商材の売れ行きが目に見えて悪くなった。

残業が出来ないので早く帰らないと・・・

2営業からの企画、提案

今までのように企画、提案が少なくなり活気がなくなった。

会議の時短などより連携がうまくいかず話が進まない。

企画など考える時間もない
提案すると会議が長引き時間が増える・・・

3部下への指導する時間 

部下に指導する時間の余裕がなくなった。

教える事はいっぱいあるが時間が少ない為に教育日数が今までより数倍になった。

上司犬
教育、指導したいが早く帰らせないと・・・
残業させたらパワハラになるかも・・・

4人件費が増えた

残業を減らすために従業員を増やしたが為、人件費がかかり利益が減る。
でも営業はそんなに時間短縮にならなかった。

人事犬
事務部や物流部は短縮できたが
営業部は人を増やしても時短にあまりならなかったな・・・
売上が伸びない社内に活気が出ない人件費が嵩むと企業として危うい状態に陥ってます。 
そこで少しでも時間が有効に使えるよう考えて見ました。

時間短縮テクニックやアイテムが必須 

働き方改革は時間を有効に使わなければ企業の業績にも大きく影響してしまします。

企業は改革する為に顧客管理システム変更など色々な投資は行っていると思われます。

そこで個人的な所で時短できる事があるはずです。

時短テクニックやアイテムを少し紹介したいと思います。

今後、シリーズ化したいですね

PCタイピングのショートカットキーを覚える

営業は帰社後にPCをタイピングする事が凄く多いと思います。

そこで簡単に覚えれるショートカットキーは覚えましょう。

それだけでも断然タイピングが早くなり仕事時短になります。

主に使いたいショートカットキー 10選
CTRL+V=貼り付け   CTRL+C=コピー
CTRL+X=切り取り   CTRL+Z=やり直し
CTRL+A=すべて選択  CTRL+S=上書き保存
CTRL+F=言葉の検索   CTRL+P=印刷
CTRLと+=画面拡大   CTRLと-=画面縮小

簡単に覚えれそうなCTRTから始まるキーを記載しました。

この中から1つでも覚えれたら嬉しいです。

でもこれくらいは覚えてほしいキー操作です。

使ってみたい時短アイテム

安くてよい私のお気に入り商品を紹介します。

これ思った以上にめっちゃ使いやすい、疲れにくい

絶対使って欲しいアイテムです。   価格は1000円ちょっとで購入可能です。

PC作業が楽になり時短間違いなしです。

まだリンクの貼り方など分からず不細工になってますが

許してください

まとめ

営業マンはサービス残業を出来る限り少なくすると同時に売上を上げなければならないと厳しい状況下で時間を

有効に使わなければなりません。

無茶ぶりや!って私も思います。 正直まだ働き方改革はどう改革すればよいか悩んでいます。(-_-メ)

少しでも営業は残業を無くして成績も上げる目標たててお互いに頑張りましょう
スポンサーリンク

おすすめの記事
スポンサーリンク