人参

ニンジンと言えば超定番の野菜です。 栄養価が高く色合いも良いので料理がおいしく見えるのも特徴です。

 

ニンジンは害虫も付きにくく大変育てやすいので簡単に分かりやすく解説します。

 

種まきの基本の時期は3月頃と7月頃ですので年2回は栽培が可能です。 

ニンジンの育て方 準備する物は 

ニンジンはプランターでも十分育ちますので特に準備するものは比較的に少ないです。

プランターで栽培する

① プランター 

深さが30cm位が良いかも長さ60cm位あれば10本くらい行けそうですね。

大きい方がたくさん植えれるので大きい方がおすすめです。

② 土

野菜の培養土だけで十分です。

③ おすすめの種は

色々ありますが美味しく食べたいので私が選ぶのはベータリッチです。

甘さが特徴で子供にもおすすめの品種です。

庭の畑や直に植えで栽培する

庭での家庭菜園の場合の土 

小石などはできる限り取り除いきましょう。 股根になり歪な形になる確率を下げます。

 

直に植える場合は植える2週間前に石灰を1平方メートルあたり100g程度と1週間前に堆肥2000gと科学肥料150g程度をまく。   私はいつも適当に施しています。

 

苦土石灰を前もって先に撒く理由は肥料と科学反応を起こす事を避ける為らしいです。 

 

連作障害は全くなしと言っても良い 

噂では連作の方が実が大きくなり育ちが良いと言う声が多いです。

3連作以上も問題なし見たいです。

ニンジンには関係ありませんが連作障害とは

同一作物(同じ科の野菜)を同じ場所で育てると生育不良となり、収量が落ちてしまう障害のことです。

なぜ、このようになるのか言うと同じ作物をつくり続けると、土壌の成分バランスが植えた植物を好む菌や害虫が土壌に多くいる発生する為

スポンサーリンク



人参の種まきから収穫まで 

ニンジンの栽培にやるべき事は

① 水やり
プランターは保水力が少ない為に毎日あげてください。
真夏は2回与えても良いです。
畑に植えている場合は地面が乾いたら与える。
② 追肥と間引き
間引きは2回程度行うのでその時にすればよいでしょう。
追肥を忘れる方はIB肥料これなら1回で種まきと同時で済むので良いです。

ニンジンの種まき

そのままプランターや畑に種を撒いても良いと思いますが種は丸1日は水に浸しておいた方が発芽確率が上がる為に良いと思います。

発芽率を上げるには容器にキッチンペーパーを入れ水で濡らして丸1日十分に水分を含ませて植えた方が発芽率が高いようです。

種

目安としては丸1日程度で大丈夫です。

種を植える

種をプランターや畑に撒き軽く土をかぶせる程度で良いです。

5cmくらいの間隔で1か所に3粒程度プランター2列を植えます。

 

水やりの注意点
水やりの注意点は種が流れ出ないようにジョウロのシャワーで優しく与えましょう。

芽が出てきたらする事 

① 本葉が3枚ほどになれば元気の良い物を残して間引きします。

植える株間はまだ5cmくらいで良いでしょう。

 

② 本葉が6枚程度出てきたら10cmくらいに株間を広げましょう。

間引いたニンジンはサラダや天ぷらにすれば美味しく食べれますので捨てないで(^^♪ 

 

③ 2回目の間引きが終われば根元に土寄せを行いジンジンの緑化を防ぎます。

(ニンジンはジャガイモみたいに緑化になっても食べれます)  

収穫の目安

植えてから100日程度、約3ヶ月程度で収穫時期が来ます。

再度 注意点
特に夏は水やりを怠らないようにしなければなりません。
生育に大きく影響し乾燥と過湿を繰り返した場合、裂根や歪な形に又根など朝鮮人参みたいになりやすいので注意する。
ニンジン
収穫時期を逃してしまったら 
ニンジン花
白い可愛い花が咲きこうなると根がスカスカにになり味が落ちてしまいますのでツボミが出てきたら即食べましょう。
花が咲くとトウ立ちと言います。

ニンジンによく見る害虫は

害虫は少ない方ですが来ないわけではないのでこまめにチェックしましょう。 

私の場合は毎朝水やりの前に葉の裏表をチェックし、アブラムシ、コナガ、アオムシなどの害虫がいたら見つけ次第駆除するようにしています。 

せっかく毎日お世話しているのに害虫に食べられてはショックが大きいのでここは怠らない方が良いかも(^_^;)

 

害虫対策に相性の良い野菜は枝豆です。

お互いの好む害虫同士が嫌い合う為に寄りにくくなります。

まとめと観葉植物にもなります。 

ニンジン鑑賞

観葉植物にどうですか?

ヘタを切って水に浸けておくだけで長持ちはしませんが可愛いですよ(^^♪

 

 

 

ニンジンは手間が比較的かからないので家庭菜園の初心者や初めてする方もおすすめです。

ぜひニンジンを試してみてはどうでしょうか(^^♪

スポンサーリンク



おすすめの記事
スポンサーリンク