ひまわり

真夏に種まきや植えるおすすめ野菜 

気温が高く真夏には家庭菜園はちょっと暑さでバテる事がありますが秋から冬に向けての収穫の為に頑張りましょう。

庭の畑に直植えはもちろんプランターでも簡単に栽培できる秋から冬収穫の野菜を紹介します。

詳しくは私が書いた関連記事にも載せていますので参考にしてください。

 

この真夏時期の野菜たちは比較的、病気が少ないように思われます。

しかし害虫達は相変わらず活発な時期なので害虫には特に気を付けましょう。

プランター栽培の絶対忘れてはいけない基本
プランターで保水能力が少ない為、真夏は水やりは1日2回を目安にする事をお勧めします。
1日忘れれば生育に大きく影響すると思ってくださいね。   
スポンサーリンク




1料理のレシピが豊富なキャベツ

キャベツ

キャベツの特徴 

キャベツはアブラナ科の植物で同系列の野菜ではカブ、白菜、カリフラワー、ブロッコリー、ルッコラなどあります。

プランターなら土を入れ替えれば問題ありませんが連作障害があるので気を付けてください。

 

特に摘心なども無く世話する事が簡単です。

 

キャベツ育て方

1⃣ 日のよく当たる場所で土は野菜用培養土だけでOKプランターでも十分育ちます。

2⃣ 60cm位のプランターなら2株まで株間は30cm以上は欲しい所ですね。

3⃣ 株間と追肥を怠らな変えれば結球してくれると思います。

4⃣ 特にアオムシに注意してください 水やりの際には葉の表裏のチェックを忘れずに。

2緑黄色野菜のニンジン 

人参

ニンジンの特徴

プランターでも十分育てれる比較的に収穫時期も早く簡単な野菜です。

連作も可能で時期を植える時期をずらせば春から秋後半まで絶やさず収穫ができるので超おすすめの野菜です。

長くは持ちませんが観葉植物にもなりとても気にっています。

観葉

ニンジンの育て方 

・根菜なので土は柔らかく耕す。

・土は野菜用の培養土で十分です。

・連作が可能なのでプランターの土の交換は不要。

 

水が不足になると形が歪(変な形)になるので水切れは絶対ダメです。

真夏は2回水やりが必要です。  

初めて育てた時は朝鮮人参みたいな物しか収穫できませんでした・・・ 完全に水やり怠りました(^_^;)

 

3冬の鍋には欠かせない白菜 

ハクサイの特徴

キャベツと内容はほぼ変わりません。

同じアブラナ科のなので連作障害には気を付けてください

収穫時期も紐で縛れば簡単に1ヶ月以上は遅らす事が出来長く家庭菜園を楽しめます。

 

ちなみに連作障害とは

同一作物(同じ科の野菜)を同じ場所で育てると生育不良となり、収量が落ちてしまう障害のことです。

なぜ、このようになるのか言うと同じ作物をつくり続けると、土壌の成分バランスが植えた植物を好む菌や害虫が土壌に多くいるそうですね。

 

ハクサイの育て方

直植えが良いですがプランターで育てる方が多いです。

プランターの大きさは2株植えると想定して大きさは縦60X横30深さ30cmくらいは欲しい所ですね。

土は野菜用の培養土だけで十分です。

 

初めて育てた時は結球しなくて葉っぱのみ収穫した苦い思い出があります。

原因は間引きせず株間を20cm、追肥を怠ったのが原因です・・・

気を付けましょう(^_^;)

 

4芋ほりが楽しいジャガイモ

芋ほり

ジャガイモの特徴

種芋を購入するとけっこう高くつくので私はスーパーで買った見切り品のジャガイモや家で保管していて芽が出てしまった物を種芋として使用しています。  この方がめっちゃ安い! (^^♪

 

気を付けなければならないので収穫したジャガイモで緑色や直径5cm以下は毒があるかもしれませんので食べない方が無難です。

時期種芋に保管してください(^^♪   

 

ジャガイモはナス科なので茄子、トマト、キュウリ、ピーマンがあたり連作には注意です。 

我が家では上記はすべて接ぎ木苗を使用しているので気にならないかな・・・

 

ジャガイモの育て方

我が家では害虫はバッタくらいかな・・・

痩せた土が好ましいので追肥も不要、水やりも真夏以外は乾けば水やりする程度でとても簡単です。

 

ジャガイモの実

 

通常は摘芯しますが放置すればじゃがいもは実もなります。

 

5大根  

大根

大根の特徴 

ダイコンはプランターでも十分で簡単に育てれますが一番のおすすめは市販されている培養土の袋にそのまま植える手法です。

簡単手間いらず手抜きで大きく育ってくれるので楽です。

 

しかも比較的に成長が早いので早く収穫したい人にはもってこいです。

二十日でできる二十日大根でも良いかも知れませんね。

 

大根の育て方

土は野菜用培養土だけでOKなので気軽に栽培が可能です。

真夏の水やりと害虫にだけ気を付ければ問題なく育つでしょう(^^♪

もしプランターならまっすぐ伸びる為、できる限り深い方が良いですね。

 

スポンサーリンク



 

6サラダに鍋に水菜の育て方

水菜

水菜の特徴

サラダに最適と言ってもよい水菜です。

水菜は種まきをしてから約1カ月半ほどで収穫ができ栽培期間が短いので家庭菜園では人気の野菜です。

初めての家庭菜園でも良い野菜と思うので初心者向きです。

収穫や栽培期間も長い事から連続して栽培すれば新鮮な野菜が毎日のように食べれるようになります。

 

水菜の育て方

プランターで土は野菜用培養土だけでOKなので気軽に栽培が可能です。

水切れさえ注意すれば大きく育ってくれます。 

7玉ねぎ

たまねぎ

たまねぎの特徴 

これもプランターで十分育ち害虫も比較的少なく、水不足にも強いので楽ちんな部類です。

収穫時期も春先まで放置しても収穫ができ食べたい時に新玉ねぎが食べれるのでお勧めです。 

 

玉ねぎ育て方

プランターで土は野菜用培養土だけでOKなので気軽に栽培が可能です。

追肥は必ず行う事、これを忘れるといつまで経っても大きくならない、育たない現象になる可能性があります。

 

まとめ

真夏に植える野菜たちは比較的に葉物が多いので難しい物は少ないように思われます。

厄介な病気も少ないしね!

 

記事の序盤でも書きましたが念押しで

プランターは保水が少ないので1日2回の水やりを勧めます。

水やりこれだけ忘れなければ収穫はできます(^^♪

 

スポンサーリンク



おすすめの記事
スポンサーリンク