職場や得意先での気の合わない人と苦手な人接し方

気の合わない人 営業先や社内

営業のみならず人との関りが多いほど苦手な人も増えますよね(;^ω^)

この人はどうしても苦手、しゃべるのも拒否反応してしまう人は。

 

私も営業先で相性が悪い人、嫌いな人、気の合わない人など

多数いてますね。社内にも・・

 

逆に嫌われているパターンも多数あると思われます・・・

相性が悪い人は諦めて問題起こさない程度に対応で良いと思います(^^♪

私なりの考え方を書いてみます。

苦手な人でも考え方で一つで少しは変わる

営業先では相性が悪い人は正直、仕方ないですね・・・

人の感情はコントロールできないですしこちらも拒否反応(;^ω^)

 

でも少しの考え方ひとつで 苦手意識、拒否反応はマシになる方法があります。

それは相手の良いところを探す

人は必ずすべてが悪い人は居ないと思います。

 

例えば この人は部下に対しては気遣いがある、オシャレだ、清潔だ

などなどなんでもよいので探してみてください。

正直、考えたく無いって思うのはわかります。

私も思います・・・

 

考えたらこの相性の悪い人が良い所があるんだな

あれ? そこまで悪くは無いかも・・・

気持ちになるんですよ 劇的にはなりませんよ(;^ω^)

ほんと多少です・・・

 

気は持ちようって分かっていてもできない事だとは分かっています。

多少なりとも気が楽になればと良いのではないですか?

人の心はコントロールが出来ないので仕方ないので

自分がコントロールしなければなりません。

自分にとって成長があるはずです

長所考えても拒否感はマシになれるのも

微々たる物かもしれません。

相手は知りませんがね・・・。

 

しかしあれこれ考えてるうちに自分の成長に気づけるかもしれません。

自分の長所は他人から見たらどう思う? 実際聞いたらこう見られていた。

 

人のふり見て我がふり直せではないですが、自分を見つめ直せる

事ができる、これが相手の思いやりに繋がり苦手な人を減らせる

事にも繋がるかも知れません。

 

かといって自分は分かっていても自分を変えれませんよね・・。

それで良いと思います。

この考えると言うことが重要だと思っていますからね(;^ω^)

超優秀営業マンでも100%好かれていない

優秀な営業マンでも相性が悪く嫌われたりするのよくあります。

しかし優秀な人は嫌われている割合が少ないと思います。

あまり営業成績が良くない方の大半は嫌われている割合が多いように思われます。

 

いかに苦手な人、嫌われる得意先を少なくするかが できる人、できない人

に分かれると思っています。

 

私の中では100人いたら10人は相性が悪く嫌われているような気がしますが

90人は普通もしくは好かれていればOKだと考えてます。

10人は相性もありますので基本諦めてもOK

 

諦めてもOKでも上記に書いた考えを少し用いて苦手な人の長所、良いところなど

色々考えてみましょう。

これを読んで10人中1人くらい苦手な方が少なくなればすごくうれしいですね。

嫌われにくくするには

やっぱり笑顔でしょ。

前記事でしつこく書いてる笑顔が一番です(^_-)-☆

苦手な人話す場合って緊張しませんか?

笑顔は緊張をほぐす、効果もありますしストレスを解消などもあり

マジで良い事しかないですよね!

と言う事で これやりましょ ↓

おはようございます!!!(^^♪

こんにちは!!!(^^♪

ありがとうございます!!!(^^♪

あ!! 自然な笑顔を忘れずにね
ではまた (@^^)/~~~

スポンサーリンク





スポンサーリンク

おすすめの記事
スポンサーリンク