営業職とは何をする仕事なのか 営業マンの基本を転職の参考に 

営業職って転職の募集でも多いですよね

結局は営業職って何をするの?

って方がいらっしゃると思います。

 

営業職は何をするか

営業職とは、その企業の取り扱い製品サービス

アピールや提案、売込み活動をします。

売上を上げる事が主な仕事になります。

営業は企業の顔になり自分を売る

営業は企業の製品、サービスを売るのは当たり前

事ですが自分を売り込むのが基本だと思います。

 

自分を売り込むとはまず名前を憶えてもらう

そして相手と仲良くなるって事は良いですが

そこではなく相手に信頼してもらう 親しみを

持ってもらうです。

 

信頼は製品やサービスの知識、メリットやデメリットの把握

など必要なのでここはベテランの先輩に任せましょう。

 

親しみはこのブログでも何回も言っている

自然な笑顔 

これさえできれば営業成績は入社してすぐ

上位に食い込めるチャンスはあります。

営業

営業は企業の中で一番目立つ存在

企業は売上を上げなければ成り立ちません。

売上は営業の肩にかかっています。

 

売上の成績が良い営業マンはすごく目立ちます。

上司や社長にもすぐ報告が入り

給料のアップ率や出世も早いと思います。

やればやるほど給料アップが見込めますね (^^♪

 

成績は悪くても首にならないし

ドラマで見るような成績不振の営業に対して

罵倒を浴びせるような企業はかなり少数では

無いでしょうか

もしそんな企業に就職してしまったら

今後の伸びる企業では無いと思います。

思い切って退社ですね。

 

逆に総務部、生産部、などは目立たない

事務処理的な事や工場で生産はどうしても

流れ作業的になり成績が目立たない分

出世や給料アップは遅いような気がします。

 

生産部は良い売れる商品作れば

出世も早いかもしれませんが

営業が持ち帰った内容から新商品ができる

って事も多いと思われます。

営業職はこんな感じ仕事流れ

会議

新規飛び込み新規開拓とかもありますが

私が思うには新規営業より顧客管理の営業職が

多いと思われます。

顧客へ売込み → 見積や資料作成 → 提出 価格交渉→
成立、契約 → 納品、提供

この流れが主ですね~

後は企業にもよりますがね

営業の質が悪ければ

いくら良い製品、サービスがあっても

営業の質が悪ければ売れる商品も売れません。

 

例えば 電化製品を買いに行ったとして

対応した担当が不愛想、嫌な感じがしたら

買いますか?

他の店に行きますよね?

買っても次回は他の店行きますよね?

これでは売上が上がりませんよね。

 

営業の質が悪ければ企業の印象も悪くなる

自分がその企業の顔だと思って行動するのが

大切だと思います。

企業で働いている全員を背負っているって

私は考えながら行動しています。 (綺麗ごとや~) 

まとめ

会う

最近は働き方改革などで営業も

すごく働きやすい環境になってると

思います。

 

サービス残業、有給があっても取れない

事も無いです。

口下手でも学歴が無くても

笑顔だけでやれる営業職はお勧めです。

 

私の営業ネタの記事読めばこんな簡単だと

思ってくれる考えてます。 (^^♪

スポンサーリンク





おすすめの記事
スポンサーリンク