営業で価格交渉の進め方や経験から得た私の進め方 

営業の価格交渉とは

スポンサーリンク




営業していると価格交渉がしょっちゅうあるんですよ。

相手とのかけ引きですね。

私の基本の考え方、交渉術を書いてみたいと思います(^^♪

が ベテランになっても失敗はかなり多いですが・・(/ω\)

やっぱり競合があるので・・・

 

営業はできるだけ高く販売してなんぼですから・・・

予定価格ではなかなか売れないのが本音ですが (;^ω^)

強引に値切ってくる人も値切り方も人それぞれ違うので

すごく毎回苦戦しますよ それが楽しいのですがね。

 

毎回 同じように値切ってくるタイプ

こう言うタイプはやりやすいかな~

最初の頃は、この人は強引な人だな~って思いますが

毎回毎回、口癖のように値切ってくる人に対して

試しに予定価格より高く見積を出してみてください。(^^♪

 

まいどの値下げ交渉 → 少し値引く → 採用

あ! 予定価格で売れた バンザーイ ! \(^^)/

ってけっこうあります

 

値切ってくるときに相手には聞きませんが

相見積もりも取っていない、他社の調べなども

やってないなど色々情報が飛び出てきます。

毎回、口癖のように値切ってくる人はやりやすいですね。

 

毎回、相見積もりをとるタイプ

こう言うタイプは一番手ごわい人です。

相見積もりをとる時点で優勢でない・・・

安くしようと思うなら当たり前の事なんですがね (;^ω^)

私はこのタイプは2つに分けます。

 

相手が決済の権限を持っている人

ある程度の自分の中で値下げできる価格を頭に入れておく

同レベルの商品だとします。

 

①競合との差を確認 → 僅差なら即答でも → 後は運任せ

②価格差があるなら → いったん持ち帰る → 再見積もり

 

予算がいくら、即決価格はなど情報を聞き出せれば

即決で決めれるよう時短で狙います。  (; ・`д・´)

 

相手が決済の権限なし

見積を出す前に情報収集 期限ギリギリまでひたすら情報収集かな

どうせ見積りを出しても上司に相談など入るし

情報漏洩防止に先に出したくないですね

 

競合との差を確認 → 競合の価格差、質など情報収集 → 最後に出す

 

決まるのがいつになるやらってイメージがあります。

案件が長期にわたり放置がありそうです。

気ながに待ってます(;^ω^)

スポンサーリンク



相見積もりを取りギブアップするまで続くタイプ

正直、相手にしません。

 

見積りだす → 値引き → 見積りだす → 値引き と

競合かこちらがギブアップするまで続く・・・

 

これは時間の無駄、ストレスがたまるので適当に相手しますね(;^ω^)

どうしても売りたい商品、サービスがあれば

とことんやっちゃいますが基本は適当で良いと思っています。

 

価格交渉なしで即採用タイプ

これは素晴らしいですね~ (^^♪

担当に気に入られて信用が得ていれば可能なんですよ。

見積りだす → 採用  バンザーイ! \(^^)/

すごくありがたい得意先です。

 

安くする必要はありません。

適正価格でしてあげましょうね

暴利を取っていたらバレた時に信用を失いかねないですからね。

 

こう言う得意先を作るにはできるだけ多く持ちたいですね

笑顔だけで頑張って一緒に作りましょう(^^♪

 

安売り王はスキルも上がらない

営業は安く提示すると売れて当たり前

どれだけ高利益を出すかが一番大切です。

安くなら誰でも売れますが褒めれませんね。

 

と言う事で これやりましょ ↓

おはようございます!!!(^^♪

こんにちは!!!(^^♪

ありがとうございます!!!(^^♪

あ!! 自然な笑顔を忘れずにね
ではまた (@^^)/~~~

スポンサーリンク





スポンサーリンク







おすすめの記事
スポンサーリンク