マスクの品薄はいつまで続くか 

新型コロナウイルスの影響でマスク品薄

スポンサーリンク




ニュースを見ればコロナウイルスのことばかりですよね(><)

世界中に蔓延してるように見えて怖いです。

 

医療品業界の職場なので簡単に

なぜマスクが品薄になっているか書いてみます。

マスク

マスクの生産拠点

日本の医療用マスクは8割以上は中国で生産していると言われています。

日本国内生産はたかがしれています。

 

マスクが品薄になった主な理由

① 感染が大きくなったのが旧正月(春節)と重なりさらに旧正月の10日以上の延長

この間はマスクの生産がストップ 日本にも商品が輸入できない

 

② 中国政府の意向で輸出制限がかかり日本向けマスクの出荷、生産の停止

輸出のめどが未だに不明

 

③ 日本市場も市販では買い占めで品切れ 病院、施設関連は

安定供給を行うために出荷制限を行っている

しかし輸入が止まっている為、各メーカーはどうしようもできない状態

 

マスクの品薄いつまで続くか?

正直、全く分かりませんが医療品関係の安定供給は5月だと思っています。

その理由は

① 国内生産の増産はあまり効果がないと思われる

 

② 中国国内の需要が落ち着くのが3月と予想され日本向けマスクの生産開始を

考えると4月末ごろに輸入されるのではないか

 

もしかして3月末ごろに中国国内で需要過多になった粗悪なマスクが出回る可能性は

あるとみています。

 

それでも喉から手が出るほど欲しいですね・・・

困っている病院が多数あり病院自体の感染対策が行えない状態ですから・・・(><)

マスクを長持ちする方法

マスクは基本、使い捨て(ディスポ)なのでおすすめはしませんが・・・

 

① マスクの内面にガーゼを挟む

これは内面がどうしても息で濡れてしまい気持ち悪いのでガーゼを当てる

 

② 煮沸か天日干し

メーカーによっては1回煮沸で使い物にならない商品もあると思われる

 

③ ガーゼでマスクを作る

昔はガーゼマスクが主流だったんですけどね 今じゃ生産しているところがほとんどない

キッチンペーパーでマスクを作っているの見ました びっくりしましたが無いよりマシとの事

 

今後の影響

現在の医療業界で不足しているのが 主に

マスク、消毒用エタノールです

その他 ハンドソープ、除菌ウェットティッシュ、空間除菌剤、使い捨て手袋など

など多数の商品が出荷制限、欠品状態です。

 

さらに今後、中国からの輸入製品が安定供給されていない現状

 

例えば 日本国内で生産していても資材が中国って商品も多数あります。

資材が無ければ生産不可能

中国工場も稼働しているが従業員が集まらない、資材の調達ができない

交通網が遮断されている為、物流網がきちんと機能していない

 

今後はまだまだ色々な商品が入手困難になりそうで怖いですよね・・・

医療品業界だけでなく多種多様の業界がまだまだ影響をうけると思います。

スポンサーリンク













おすすめの記事
スポンサーリンク